スポンサードリンク


第4話
「ライバル出現」

せっかく作り上げたオリジナルゲームプログラム。
自分のおマヌケなミスのせいでなくしてしまってから、数週間。

しばらくは、ゲームプログラムはおろか、FM-7の電源を入れることすらもせず、落ち込んだ日々がつづきました。

プラモデルつくったり、近くのゲーセンでゼビウスやマッピー、ASO、ドルアーガなんかをやったりして無機質に過ごしていました。




夏休みが終わり、2学期。
1ヶ月振りに会った、同じFM-7ユーザーのMametaro(仮名)が、突然ボクに「敵キャラを考えてくれ」と、依頼してきました。

Mametaroというヤツは、PC6001ユーザーだったボクにFM-7の存在を教えてくれ、FM-7にひろがるゲーム世界の広さを教えてくれた友人。彼とは同じ高校2年の春に彼をリーダーとする4人チームを編成し、同じFM-7にてアドベンチャーゲームをつくり、ポニカプログラムコンテストにてポニー賞・賞金30万をいただいた経験もある。ボクをFM-7の世界、ゲーム創作の世界へと導いてくれた上に、この賞金の分け前を使ってFM-7を手にすることができた。ある意味、恩師。




ところで、なにそれ・・敵キャラデザイン??



彼はこういった。
「サブシステム操作とかマシン語の勉強をしてて、キャラ表示のプログラムなどができるようになった。これを使って、RPGを作ろうと思う。で、敵モンスターをデザインしてほしい」
手渡されたのは1本のカセットテープだった。
それは、すでに持っていたポニカ・パターンエディターのダビングテープ*1と、B面にはサンプルプログラムとしてMametaroが自作した3D-ダンジョンの描画&操作プログラムが入っていた。



(写真はイメージです。実際に彼が作成したものとは異なります。ただし、引用したこの画像元の作成者は彼です。)



これをみせられたときは、衝撃だった。

知らぬ間に、こんなスキルを身につけていて、知らぬ間にRPGをつくろうとしていたなんて。
しかもマシン語だから、速い。速すぎ。


ちきしょー、出し抜かれた!!


ヤツもRPGを、しかもボクよりもクオリティの高いものを創っていただなんて。

スポンサードリンク
もともと嫉妬深くてマケズギライだったボクは、ここで一気に発火しました。

まるで
「僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ」て独房でいってるアムロのごとく。





うちのクラスにはボクのほかに、FM-7ユーザーが1人、PC-8801mk2ユーザーが1人、PASOPIA7ユーザーが1人、日立S-1ユーザーが1人、PC-6001mk2ユーザーが1人いたが、誰一人としてマシン語、アセンブラを使いこなせる者はいなかったのだが。

ついに使える者が現れてしまった。
しかもRPGを開発するというではないか。


以前からメカには強いといわれていたMametaroだが、
これで技術面で彼に、かなり差を付けられた



まだだ。まだおわらんよ。

だって、RPGをつくろうと決意したのは、ボクのほうが先だ。



ボクがいちばんRPGをうまくつくれるんだ。





もう、落ち込んでいたボクはいなくなっていました。
そこにはただ、純粋にRPGを作りたいという気持ちと、ヤツより先に、ヤツよりいいものを作り、ヤツより先に入賞したいという野心のみがありました。

彼の存在が、またボクに火をつけてくれた。また彼に感謝しなければならない要素をふやしてしまった。

ちなみに、敵キャラのデザイン、パターン作成はよろこんで引き受けました。
これはFM-7から遠ざかっていたボクにとって、いいリハビリになりました。




*1 テーププログラムはダビングすることであっさり複製できました。もちろん、ソフトウェアのコピーは禁止されていました。





<<前ページBACK      第5話をつづけてよむ>>



第1話 みんなドラゴン!
第2話 テーマは「SF」
第3話 復元不可能

第5話 「グレアリング・カース」始動
第6話 そして1ヶ月後
第7話 掲載、テープログイン発売、賞金、印税
第8話 その後、そして今

資料集


return to HOME

無断転載・転用を禁じます。Copylight(C) Yukihiro Kawaguchi 2009 All right Reserved.