スポンサードリンク


第3話
「復元不可能」

「ENEMIES」は完成しました。

意外にもつまづくところもなく、悩まされるところもなく。
悩まされたのは1学期の期末テストの結果がやばかったことぐらい。
なにしろ試験中は午後から休み、こんなに時間を使えるチャンスはないものだから、勉強そっちのけでプログラミングに没頭したもんだから。






悪夢は、とある日曜日の朝にやってきました。


昨晩も気が済むまでテストプレイかなりやりこんだせいで、朝の目覚めも中途ハンパ。

今日はパッケージングつまり郵送準備をするために、投稿用テープを作成する。
テープをダビングするより、一度FM-7にプログラムをloadさせてから新テープへSAVEしたほうが確実だから、

FM-7のスイッチを入れ、r."  を入れた。


(FM-7の優秀な機能、BASICコマンドの短縮。  r.は、run と入れたことと同じ。  一般的に?がprintというのは他機種でも共通しているが、FMが独自に省略コマンドとして命令文の頭文字+ドット、というのが使えた。)






あれ、おかしい。


いつまでたっても、 loadが始まらない。

なんでだ。


しかも、いつものデータレコーダーのload音と、違う。

本来なら、

ガー・・・・ピガーーーー
ていって、





のとこで、  found:

スポンサードリンク


て、出るはずが、

音が違う。




だから、ずっとテープがまわりっぱなし。



これは、もしや、



データをセーブしたしきの音じゃないか!



・・・・・ということは、



しまった!!


なんてことだ。
本体プログラムのカセットに、昨日のセーブデータを上書きしてしまっているではないか!


しかも、バックアップ、してない!!!




・・・・なんてことをやってしまったのだ・・・・・・
数ヶ月の費やした時間が、せっかくのプログラムが!
ボクの大作が!




高校生活2年半ば、こんなに失墜した経験はありませんでした。
その日はなーーんもやる気が起きませんでした。
何も食べられず、毎日見ていた朝のテレビアニメも見る気がおきませんでした。


<<前ページBACK     第4話をつづけてよむ>>



第1話 みんなドラゴン!
第2話 テーマは「SF」

第4話 ライバル出現
第5話 「グレアリング・カース」発動
第6話 そして1ヶ月後
第7話 掲載、テープログイン発売、賞金、印税
第8話 その後、そして今

資料集


return to HOME

無断転載・転用を禁じます。Copylight(C) Yukihiro Kawaguchi 2009 All right Reserved.